世界の衛星開発と打ち上げ市場:ESPIレポート42から(その3)

欧州宇宙政策研究所(European Space Policy Institute:ESPI)が発表する、世界の宇宙活動に関する年次レポート「Space Policies, Issues and Trends in 2011/2012」から関心のある章の抄訳を行っています。

今回は第2章商業宇宙マーケットから、衛星開発(製造)と打ち上げサービスに関して。

※自分用のメモなので正確さは保証しません。詳しくはレポート本体をあたってください。

 

2.3.2 衛星製造

2011年の衛星製造に関する収益は不確実ではあるが、2010年、2009年のレベルと比べて大きな変化はないと考えられる。2010年、官需および民需衛星の開発による利益は145億ドルに達すると考えられていたが、実際には108億ドルとなり2009年の135億ドルから20%の減少(7%増加ではなく)となった。図2.6には、2006年から2009年までの期間、衛星開発収益は増加しているものの、減少の年も見られることを示した。図2.6では注意すべきトレンドが見られるものの、実際にこのペースの収益増が続けば、2013年には150億ドルに到達すると予測される。

Figure 2.6: 世界の衛星製造収益

 

2.3.3 打ち上げセクター

2011年の商業打ち上げ数は、41機のペイロードの軌道投入を行う目的でトータル18回(内1回は打ち上げ失敗)となった。うち35機は商用サービス向けである。合衆国は商業打ち上げ分野の牽引役ではなく、ロシア企業がトータル10回(55.6%)の商業打ち上げを行って首位の座を守った。さらに欧州の打ち上げは4回で22.2%、中国は多国籍企業シーローンチの打ち上げとして、2回の商業打ち上げを行って11.1%を占めている。18回の打ち上げによる収益の総計は19億ドルと算出され、前年に比して21.7%、5億2600万ドルの減少となり2009年からも4億8300億ドル下回っている。2010年には3億700万ドルあった合衆国の商業打ち上げがなかったことで、2011年、合衆国は商業打ち上げによる収益がない。欧州の打ち上げ収益は最大で8億8000万ドルに達し(前年から33.3%減少)、続くロシアはおよそ7億700万ドル(前年から14.4%減少)となっている。多国籍企業の打ち上げはそれに続く位置づけにありおよそ2億ドル、中国は1億4000万ドル前後とみられる。商業打ち上げ市場の収益が21.7%減少したのは、商業打ち上げの純益が減少したことによるものだ(中国と多国籍打ち上げサービスを除く)。しかしながら、こうした数字がこのセクターの現状を表しているわけではない。通常、打ち上げ費用は実際の打ち上げの1~2年前に支払われるため、こうした数字は過去の活動を評価しているものなのだ。

商業、非商業打ち上げを問わず欧州の打ち上げ活動を総合的に見ると、アリアンスペースの利益は、2年間の損失でわずかな利益しか上がらなかった2010年に対して2011年は10%の増加と考えられる。2010年、アリアンスペースは8300万ユーロ(11.07億ドル)の損失を出し、8億9700万ユーロ(11.97億ドル)の収益となった。クールーにソユーズ2を導入したことにより、アリアンスペースは3年連続減益を免れて、わずかではあるが9億8500万ユーロ(12.75億ドル)の利益を得た。欧州の4回の打ち上げは、アリアンスペースのアリアン5 ECAによるもので、2011年2月にはアリアン5によるES-ATV第二回の打ち上げが2008年3月の初飛行に続いて行われた。ISSへの第2回ATV(ヨハネス・ケプラー)打ち上げに続いて、後3回の打ち上げが計画されている。ATV3号機(エドアルド・アマルディ)は2012年3月23日に打ち上げられ、2013年のアルバート・アインシュタイン、2014年のATV5号機まで予定されている。2011年、クールーにあるヨーロッパの射場がソユーズ打ち上げのために整備された。この年、アリアンスペースは”ソユーズST”の呼称で知られる2機のソユーズ2打ち上げを行った。射場設備を欧州とロシアのために整備するという決定を行ったヨーロッパとロシアの記念すべきコラボレーションは、射場において打ち上げシステムの競争力と柔軟性を拡張するものだ。それだけでなく、ソユーズSTは2011年10月、ガリレオ衛星初のペア打ち上げを行い、欧州とロシアの商業的コラボレーションの質を証明する一例となった。欧州のVegaロケットは、2012年2月13日に初打ち上げを行った。Vegaロケットは1500kgまでの衛星を高度700kmに投入する能力を持ち、打ち上げ価格は1回あたり3200万ユーロ(4200万ドル)で、ロシアの弾道ミサイル転用ロケットより価格競争力で勝り、市場で十分な需要を得られれば2200万ユーロ(2850万ドル)まで打ち上げ価格を下げることができる。

Figure 2.7: 2011年国別商業打ち上げ活動 ( FAAより)

Figure 2.8: 2011年国別商業打ち上げ収益 ( FAAより)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中