エクアドル衛星デブリ衝突事故 プレス発表の断片

エクアドルの人工衛星 NEE-01 Pegasoスペースデブリ衝突事故について、現地時間27日15:00からの公式発表は行われたようです。Web上で確認できる文書はありませんが、発表会場であるecu911samboツイートに発表内容がいくつか載っています。

※スペイン語→英語自動翻訳を元にしています。

  • プレスカンファレンス議長は、ロニー・ナデル氏
  • ナデル氏の発言によれば、衝突後も衛星は「100% operational」とのこと。
  • 衝突は「long shot」とのことで(極めてまれな事象ということか?)、衛星はまず衝突に耐えた
  • また、衛星は復旧可能である。対処すべきことは一つではないが、運用を継続すべく作業を続けている
  • 緊急事態に直面して得られた経験は、国家にとって非常に有益である

日本時間28日09:00現在、確認できた内容は以上です。

日本時間28日15:50追記

  • NEE-01復旧オペレーション名発表 “PERSEO(ペルセウス)”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中