エクアドル超小型衛星、驚異の兄弟衛星コンステレーションで機能回復と発表 [仮訳]

昨年5月、打ち上げ直後のエクアドルの超小型衛星がスペースデブリと衝突し、通信できなくなるという事件がありました。

エクアドル初の超小型衛星NEE-01 旧ソ連ロケット由来のスペースデブリと衝突事故

エクアドル宇宙庁EXA衛星復旧計画発表(仮訳) [5月28日付]

など。

その後、復旧計画がうまくいかなかったとのことで、昨年8月にNEE-01の運用終了、11月にはドニエプルロケットで2号機NEE-02 クリューサーオールの打ち上げが行われたとのこと。ペガソについてはもうあきらめられたものと思っていたのです。
それが、本日付のEXA エクアドル宇宙機関の発表では、ペガソとの通信を回復するため、クリューサーオールが通信を中継するオペレーションを行い、成功したとのニュースが。
アンテナが明後日の方を向いてしまったペガソですが、中継によって音声の一部が受信できたとのこと。今後は映像の送信機能も回復させ、情報を取得してデブリ衝突事故の詳細解明にあたるとのこと。もしも衝突事故周辺の映像が残っていたらすごいことですが、どうなることか続報を見守りたいと思います。
EXAは、クリューサーオール経由でペガソと通信が回復した瞬間のオペレーション映像も公開しています。

***

EXA、NEE-02″クリューサーオール”によってNEE-01″ペガソ”を修復

2014年1月27日 グアヤキル
エクアドル宇宙機関 EXAは、NEE-02″クリューサーオール”の軌道上中継によって、NEE-01″ペガソ”の機能を部分的に取り戻したと発表しまた。

SEN-02″クリューサーオール”が、1月25日にサンボロドン・ECU911の宇宙飛行コントロールセンター(CCVE)からオペレーションを行っている間、NEE-02に搭載されたPERSEOモジュールが10時5分に起動し、10時5分50秒にNEE-01 ペガソの音声の一部を中継しCCVEで受信しました。すべての機能は予定通り起動し、中継オペレーションは成功です。大統領はすみやかに国営TV中継に直接に知らせを送りました。

NEE-01 ペガソは、軌道上の物体SCC-15890と側面衝突を起こして以来、地球上からEXAが信号を送って機能回復を試みたものの失敗。その後の数か月後の2013年8月に、運用停止を宣言していました。

この数カ月、EXAの宇宙運用チームはNEE-01の弱い信号の幾何学面を分析し、11月21日にロシアから打ち上げられたNEE-02 クリューサーオールのマイクロ中継器を配置する代替案を策定しました。衛星とPERSEO 中継モジュールの幾何学面を利用する設計とミッションは完全に秘密裏にされてきました。

私たちが情報を入手してから、ナノ衛星の運用におけるこうしたタイプのオペレーションは初めてのことです。

EXAは、NEE-01の動画伝送機能の一部を回復するため活動を継続します。また、NEE-01とNEE-02が構成する衛星コンステレーションを、昨年5月に起きた特定事象の調査とこうした事象の一般的性質の調査を拡充するために割り当て、世界の科学コミュニティの利益となるよう報告書を発表する予定です。

EXAは、プロジェクト成功を手助けしてくれたMinistry of Inteligence(SENAIN)とMinistry of Security Coordinator (MICS)、わけても大統領の力強い支援、プログラム初期に協力してくれたエクアドルの人々の支援を高く評価します。

***

※例によって、スペイン語プレスリリース→英語→仮訳としています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中