MASCOT/はやぶさ 2とフィラエ/ロゼッタはどう違うの?

DLRよりトラミ・ホーさん(左)とJAXA 宇宙科学研究所の吉川真先生

DLRよりトラミ・ホーさん(左)とJAXA 宇宙科学研究所の吉川真先生

8月31日、JAXA 相模原キャンパス(宇宙科学研究所)にて「はやぶさ2」のフライトモデルが報道関係者に公開されました。私も参加してレポートをかきました。

早ければ12月に宇宙へ!『はやぶさ2』フライトモデルの機体公開(週刊アスキーPLUS)

「はやぶさ2」のミッション内容が詳しく紹介された中で、今回は欧州・ドイツ航空宇宙センター(DLR)とフランス国立宇宙研究センター(CNES)よりランダー「MASCOT」についても紹介がありました。わずか10kgのボディの中に4つの観測機器、ミッション機器の重量比が3割(これはすごいことなのだそうです)もあるというMASCOT。はやぶさ 2から小惑星 1999 JU3の表面に投下され、広角カメラや近赤外分光器での観測を行います。

MASCOTには、欧州挙げてこの11月に挑む彗星着陸探査「Rosetta」の着陸機「Philae」といくつもの共通点があります。Philaeの開発の中心がDLRだという点もそうですが、Philaeに関わった研究者で、MASCOTを共通して担当している人もいるということです。

彗星と小惑星の違いはあっても、同じ太陽系の小天体に着陸して探査を行うPhilaeとMASCOT。いずれ、67P/ チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(Rosettaの目的地)と1999 JU3(はやぶさ2の目的地を比較した成果が出てくるかもしれない、と今から勝手に楽しみにしています。

MASCOT/はやぶさ 2の公開に際して、欧州からDLRよりトラミ・ホーさん、CNESよりミュリエル・ドゥルーズさん、両プロジェクトリーダーが来日されました。この機会に、ふたつのランダーの違いと共通点は? とうかがってみました。

CNESよりミュリエル・ドゥルーズさん

CNESよりミュリエル・ドゥルーズさん

-フィラエとマスコット、両者の違いと共通点はどんなところでしょうか?

トラミ・ホーさんより;
「MASCOTは、フィラエの10分の1の大きさで、フィラエが100kgあるのに対し、MASCOTは10kgしかありません。フィラエが彗星に着陸する際には、アクティブランディングを行います。”アクティブ”とは、小惑星や彗星の表面に着陸する際にGNC(誘導・航法・制御システム)を使用するということです。MASCOTの場合は、はやぶさ 2から切り離された後は、落下するだけになります。わずか100mの高さから落下し、ひっくり返ります。カメラやMicrOmegaなどの観測機器が下を向いていたとしても、姿勢が上向きか下向きか決めることはできません。そこで、MASCOTの間違った方が下を向いてしまった場合には、ひっくり返って、機器は下を向くというわけです。フィラエの場合、脚を持っており彗星ではその上に着陸しますから、すぐに活動を開始することができます」

「フィラエは太陽電池を持っており、長時間活動することができます。MASCOTは一次電池だけですから、活動時間は16時間です」

「サイエンスの観点からいえば、フィラエとMASCOTにはいくつもの共通の機器があります。MASCOTのMicrOmegaは鉱物学の調査を行うもので、似ているものとしてフィラエのCIVA、これも彗星の鉱物学の調査をおこないます。どちらの機器も(彗星や小惑星の)表面の性質を調査するものですが、フィラエが10の観測機器を持っているのに対し、MASCOTは4つ。サイズがとても小さいのです。MASCOTはホップできますが、フィラエは直立したまま、片側に観測機器がついています」

ということで、想像以上に兄弟のような関係なのですね。それでは、MASCOTと、そしてまずはPhilaeの活躍を祈ります。

***
※インタビュー書き起こし

-Would you tell me compare and comparison between Philae and MASCOT?

MASCOT weight 10 times smaller than Philae. Philae has 100 kg and MASCOT has only 10kg.When Philae is landing on the comet, it will do active landing. “Active”, it has got GNC to land asteroid surface and comet surface. As MASCOT will be separate from Hayabusa 2, but it will fall. So it falls from altitude only 100 m fall downs. And it will just tumbles down, it will not determine attitude, it be raised up or down, because you have got instruments like camera, which has looked down in MicrOmega, So MASCOT have wrong side, the MASCOT will flip, so instruments will see down. As Philae has got legs, Philae come down on the legs on the comet, and it can operate immediately. Philae has solar panels, it will survive very long. MASCOT has only primary batteries, will survive only 16 hours. And then from a scientific point of view, a lot of instruments which are similar on Philae and MASCOT like you have MicrOmega is determined of mineralogy. Similar to, for example, CIVA on Philae, which is also determine of mineralogy of the comet. Also the property of surface investigated by both, but Philae is carrying about 10 instruments, and MASCOT only 4. So size is small. MASCOT can hop, but Philae is stand, only investigate one side.

※GNC:Guidance, Navigation & Control system

音声からの書き起こしですので、文章にあいまいなところもあるかと思いますがご容赦ください。

***

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中