3月の宇宙ミュージックビデオ

洋楽PVを観ていると、意外と宇宙を題材にしたミュージックビデオが少なくありません。過去には、Coldplayの「Strawberry Swing」にさらっと国際宇宙ステーションが登場しますし(本当にさりげないので見逃しちゃだめよ)、Asiaの「Light the Way」の映像が宇宙エレベーターだったときには、わりとたまげました。こういうのは、見つけたときに記録しておかないと忘れちゃうので、できるだけ書きとめておくことにします。

2014年3月の宇宙ミュージックビデオは、次のふたつ。

■Beyonce ”XO”

リリースは2013年の12月ですね。現時点では、公式You tubeで視聴できます。※リンク切れたらごめんなさい

このビデオは、リリース時にかなり物議をかもしました。冒頭でビヨンセが頭を垂れて耳を傾けているサウンドクリップが、スペースシャトル・チャレンジャーの事故当時(1986年1月28日)のNASA、ケネディ宇宙センターの管制官の音声だからです。

チャレンジャーのコマンダー、 Dick Scobee宇宙飛行士夫人のJune Scobee RodgersさんがこのPVに対して失望を表明したコメントも報道されました。映画「Gravity」がNASAを激怒させたかどうかよりも、こちらの件の方がNASAはナーバスになっていたのではないかと思っています。

3月の時点で、XOはMTVのU.S. Top50のトップ10入りしていますがTV、放映で聴くと管制官の音声クリップはほとんど聞こえないのですよね。12月にWeb上で聴いたときにはもっとはっきりしていましたし、リンクの動画でも音声がかなり聴きとれます。

ABCニュースの報道によると、ビヨンセはヒューストンの出身で、スペースシャトル「目覚めの1曲」を提供したこともあるくらい親NASAだとのことです。TVでの配信に対して、もしかしたら物議をかもした音声クリップは音量レベルを下げることで対応したのかな? と勝手に思っています。音声を削ってしまうとPV製作の意図が損なわれてしまうのでしょうし、かといってNASA側の反応を無視したくもない。考えた末の配慮なのかもしれません。
■Imagine Dragons ”On Top Of The World”

Moon Hoax(アポロ捏造説)だw っていうか「カプリコン1」だwww

以上説明終わり。

いやいやいや。今でもこういうのはネタになるのですねえ。
4人の宇宙飛行士が、人類初の月着陸の偉業のために向かったのは、地球上の巨大なセットでした……というストーリー。唐突にAbbey Roadのパロディは出てくるし、アポロ11号のはずなのに月面ローバーが横切るし(※LRVが走行したのは1971年のアポロ15号からです、念のため)内容はめちゃくちゃです。スーツ姿の偉い人がスタジオにいるのは、フランスで製作されたアポロ捏造説番組で黒幕がドナルド・ラムズフェルド米国防長官だとされていたというところから来ているのでしょうか?

最後は映像を通じて見守っていた聴衆がセットになだれ込み、宇宙飛行士と共に歌い踊って終わります。「知ってた」というところかもしれません。Mythbustersのように真正面からMoon Hoaxに切り込むのもいいと思いますし、こんな風にちゃかしてしまって「真剣に眉間にしわ寄せて考えるようなことじゃないよね」と思わせてしまうのもありではないかと私は思っています。

プラネット・ラボの超小型衛星があればLANDSATはいらない?

3月16日付のNew York Timesに、超小型衛星コンステレーション構築を開始したリモセンベンチャー企業、Planet Labs社の紹介記事が掲載されています。同社の4kg程度の超小型衛星「Doves(はと)」シリーズ衛星のビジネス紹介であると共に、アメリカの宇宙ベンチャー企業ビジネスの良い紹介記事になっていますので、興味深く読みました。
Start-Ups Aim to Conquer Space Market

Planet Labs社サイトより。ISS「きぼう」エアロックからのDoves衛星放出

記事中で紹介されているDove衛星は、国際宇宙ステーションから次々と放出が行われている超小型衛星放出機構によって軌道上に展開されています。Japanese astronautsは、ISS日本実験棟「きぼう」から超小型衛星の放出を担当されている、若田光一宇宙飛行士のことですね。放出に当たって不具合も報告されているのですが、Planet Labs社は同型衛星によって全131機ものコンステレーションを構築するそうです。多少の不具合は織り込み済みなのかもしれません。また、民生品の機器(ノートPC用のバッテリーなど)を衛星開発に採用していると書いてあります。軌道実証は行われていない、フライトプルーブン「ではない」コンポーネントを採用して開発費を抑え、軌道実証と衛星コンステレーションのシステム構築を同時進行で進めているようですね。衛星は、ITベンチャーの製品と同様にバージョンアップを繰り返しており、現在開発中のグループは、すでに軌道上にある旧世代の衛星から数えるとVer.9にあたるそうです。

こうした新興の宇宙企業はthe space start-up、宇宙スタートアップと呼ばれ、シリコンバレーのITベンチャーと同じ開発手法だと紹介されています。そして、Silicon Valley is taking its disruptive ways into outer space. (シリコンバレーが宇宙に雪崩を打ってきている)とも。同様の企業として、すでにISSへの補給船商業打ち上げを2度成功させた(3回目は延期になってしまっていますが)、宇宙新興企業の筆頭Space X、昨年11月の衛星初打ち上げ以来、高解像度リモセン画像や動画を次々と公表しているSkybox Imaging、モハーヴェ宇宙港で再使用ロケット開発を行っているMasten Space Systemsなどが紹介されています。

ビジネス手法として、シリコンバレーベンチャーと同様の宇宙開発は支持を得ているようです。少なくとも、Planet Labs社は、同社の未公開株6500万ドル相当以上の投資を獲得しているとのことです。

それでは、宇宙開発もこれからは民間の時代だ、日本だって軽薄短小の技術を持っているので、これからは超小型衛星開発に乗り出せばいいのだ、となるかというと、それは少し違うのではないかと思っています。

記事では、低コストで開発でき、高頻度で地球観測が可能なDove衛星の比較対象として、NASAが打ち上げ、USGS(アメリカ地質調査所)が運営するLANDSAT8号(LDCM)が挙げられています。Dove衛星の500倍もの重量があり、開発費は10億ドルもかかっている。LANDSAT8号は地球上のある地点を撮影し、次に同じ地点の上空に来るまで2週間以上(回帰日数は16日)もかかるのに、Dove衛星なら(コンステレーションが完成すれば)毎日でも同じ場所を撮影できる。Dove衛星搭載のコンピュータが6か月前の最新モデルであるのに対し、大型衛星のコンピュータは10年前の性能……なんだか、国費衛星はムダのかたまりみたいですね。

そのムダに見える機能こそが、まだまだ求められているのだというコメントが紹介されています。気象や農業の専門家によれば、LANDSATのような大型衛星が搭載している赤外線イメージャのデータが専門分野では必要とされており、超小型衛星は同様の機能を持っていません。比較の対象にならないので、「真の競争はまだ始まっていない」ということです。

さらによく読むとDove衛星はかなりいろいろなものを切り捨てているからこそ、コストを削減できることがわかります。軌道実証を経ていない衛星部品を採用していることもそうですし、衛星には推進システムを搭載していないそうです。衛星に推進システムがないということは、スペースデブリの接近が懸念されても、軌道を調整して避けることができません。
※念のため、Dove衛星の軌道はISSと同じ高度400km付近です。数多くの地球観測衛星で込み合っている高度600~800kmの領域ではありませんし、衛星の運用終了後の地球大気圏への再突入も早くなります。ただ、ISSへのデブリ衝突が懸念されているわけですから、問題はやはりあるといえます。

衛星が、スペースデブリのような潜在的なリスクに備える機能を持っていないのだとすれば、結局は誰かがそれを引き受けることになります。それは、アメリカが備えているデブリ探知、接近警告システム(NORADのレーダー群からJSPOCの警報発令体制まで)もそうですし、agiなど複数の企業の協力による、民間のSSAも始まっていると聞きました。

ISSからの衛星放出にしても、そもそもISSという軌道上施設にアメリカは大きな投資をしているわけですし、Dove衛星を運んだのはNASAとの契約のもとに商業輸送を担うオービタル・サイエンシズのシグナス補給船です。放出機構には「きぼう」のエアロックを使っていますが、NanoRacksの衛星放出機構はNASAの認証のもとに開発がすすめられたアメリカ発のシステムです。

宇宙スタートアップが開発した靴箱サイズ、9ポンドのDove衛星が軌道に乗って機能を果たすまでに、アメリカは40年にわたってLANDSAT衛星を維持して民生用リモセン衛星という市場を開拓し、ISSを構築し、スペースシャトルから商業ISS補給船事業への引き継ぎを行い、スペースデブリ監視網というかSSAの体勢を整えている。他にももっといろいろな投資をしているとおもうのですが書ききれません。

いうなれば、Planet Labsの事業はアメリカがこれまで頑張って整えてきた、宇宙の実用化という環境、宇宙特区の上に乗った事業なのだと思います。Dove衛星がコスト削減の追及のために切り捨てた何かが、後に何らかの事故の原因になるようなことがもしあれば、最終的にそのつけは国が引き受けます。ですから、それだけのバックアップ体制はできているということでしょう。

なんだか老婆心くさい文章になってしまいました。ただ、最近はアメリカの事例をもとに、同様の条件が整っているかどうかをすっ飛ばして日本も宇宙の民営化を進めるべき、といった論調があるような気がして、思うところを形にしておいた次第です。
(論拠になる資料のリンクはおいおい進めます……)

ISSを2024年まで運用延長:発表全文

2013年9月17日、来日し東京大学で講演したNASA チャールズ・ボールデン長官 (撮影:小林伸)

2013年9月17日、来日し東京大学で講演したNASA チャールズ・ボールデン長官 (撮影:小林伸)

2014年1月9日・10日の2日間にワシントンで開催されたIAA Space Exploration Conferenceにあたり、前日の1月8日にオバマ政権が国際宇宙ステーションの2024年までの運用延長を打ち出しました。
アメリカ議会はこれを了承するのか? ISSに2024年まで費用をかけると、SLS/Orionを継続できなくなるという予測もあるがどうするのか? 日本を含めてどこまで参加各国がついていくのか? 技術的には、ISSは2028年まで運用できるということだがそれはどんな保証によるものか? さまざまな疑問がありますが、まずはなんといってもアメリカ(オバマ政権とNASAボールデン長官)がなんといっているのか、文言を読んでみないことには始まりません。
報道ですとどうしても省略されてしまいますから、例によって自力で読みこんでみることにしました。自分のためのものですから荒っぽいものではありますが、要素となる語句は落としていないつもりです。
しかし、清々しいほどアメリカの国益のことしか書いてありませんね(当たり前ですが)。それはまあ当然ですので、ここから何を引き出せるのか、まずは考える材料となればと思います。

***

オバマ政権、国際宇宙ステーションを少なくとも2024年まで延長

1月9日から10日まで、ワシントンに世界30カ国以上の宇宙機関の長が集まり、将来の宇宙探査に関する史上初のサミットを開催するにあたり、オバマ政権が国際宇宙ステーション(ISS)を少なくとも2024年まで延長すると承認したことを喜びとともにお伝えします。我々は、ISSのパートナーが少なくとも次の10年までの延長の取り組みに参加し、この他に類を見ない軌道上実験室において、画期的な実験の実施を継続するであろうと希望、楽観視しております。

ISS運用の延長により、NASAと国際宇宙コミュニティは数多くの重要な目標を達成できるでしょう。

第一に、NASAはISSで、地球低軌道の先にある計画中の、2025年までに小惑星へ、2030年までに火星へといった長期間の有人ミッションに必要な研究活動を完了します。NASAは、長期のミッションで予見される32の人体への健康リスクのうち、21項目を十分に低減するにはISS上の研究が必要と考えています。それと関連するISSの重要な機能とは、人間が深宇宙で安全かつ生産的に活動するために必要な宇宙機システムと技術の試験を行うことです。2024年までのISS延長により、こうしたシステムを成熟させるために必要な時間を得られるでしょう。

第二に、ISS延長は宇宙ステーションから社会的利益へ至るより流れをさらに広げます。ISSで実施された研究は、すでに医学や産業へ影響する重要な数多くの発見をもたらす結果となりました。医学の例では、サルモネラ菌や細菌の抗生物質耐性株に対する潜在的なワクチンや、健康な細胞には影響を及ぼさずにがんの腫瘍へ薬剤を届ける治療のためのマイクロカプセル化技術などがあります。さらに、ISSの先端技術は、これまで手術不可能だと考えられていた腫瘍を取り除くロボット手術の開発にも道を開いています。

ISS延長の将来的な利益とは、NASAと民間宇宙開発パートナーに対し、貨物と人員を地球低軌道へ輸送する商業宇宙産業へのさらに十分な移転の時間をもたらし、NASAは深宇宙探査のための次世代ヘビーリフトロケットと有人カプセルの開発に集中できるようになるということです。

すでにふたつのアメリカ企業がISSへの補給契約を結んでいます。現在の貨物輸送契約は、2016年、2017年の期限に終了しますが、ISSを2024年まで延長すれば、さらに多くのフライトをISS貨物輸送サービス契約に追加することができるようになり、より競争力のある価格設定となり、新しい民間の入札者も参加可能になって最終的にはもっと多くの合衆国の商業衛星打ち上げへ繋がるでしょう。

合衆国国土から宇宙ステーションへアメリカの宇宙飛行士を打ち上げることは、オバマ政権にとって最優先項目であり、民間企業が私たちの宇宙飛行士を軌道上へ運ぶ認可へと大きな一歩を踏み出しています。初の商業有人飛行は2017年に予定されており、一部はわずか3年間の商業有人飛行への投資を疑問視しています。2024年までISSを延長すれば、付帯するフライト回数も増加し、フライト1回当たりのコストを引き下げ、投資はもっと魅力的になるでしょう。

ISSはまた、地球とその気候の変動に関する研究において、ますます重要な役割を果たしています。今後の数年間に、ISSはSAGE III( Stratospheric Aerosols and Gases Experiment:成層圏エアロゾルとガス実験)やRapidSCAT(ocean winds measurement instrument:海洋風測定器)、OCO-3(Orbital Carbon Observatory:軌道上炭素観測衛星)、CREAM(Cosmic Ray Energetics and Mass experiment:宇宙船エネルギー論と質量実験)、CALET(Calorimetric Electron Telescope:カロリメータ型宇宙電子望遠鏡)といった地球と宇宙科学を研究する機器を迎えます。2024年までISSの安定性と可用性を確実にすることで、科学コミュニティにISSというプラットフォームは長期間の研究の努力にとって重要なものになり得るという信頼を与えるでしょう。

最後に、ISSの延長は今後の有人宇宙飛行における合衆国のリーダーシップを凝集していくことでしょう。ISSは、史上もっとも複雑かつ挑戦的な工学的努力の結集です。その成功のカギとは、NASAの創意工夫と国際協力のコンビネーションンにあります。15カ国のパートナーと現在68カ国の1回またはそれ以上のISS利用国による、この他に類を見ない軌道上実験室は、平和的な国際協力によって達成することができた、明らかな人類にとっての利益の実証です。アメリカがそのリーダーとして、このままこのパートナーシップを維持することは重要です。宇宙でのリーダーシップは、経済的発展、技術的優位、国民的プライド、より広範な世界におけるアメリカのリーダーシップへの貢献をもたらすのです。

ISSは、巨大な科学的、社会的利益を提供する他に例のない施設です。少なくとも2024年まで運用を延長するというオバマ政権の決断は、その潜在的な可能性を最大化し、国家と世界にとって欠かせない利益をもたらし、宇宙におけるアメリカのリーダーシップを保持することができるでしょう。

ジョン P. ホールデン
科学技術担当大統領補佐官
科学技術政策局局長

チャールズ・ボールデン
NASA長官

***

追記:タイトルが「2014年」になっていました。ご指摘いただいて2024年に修正いたしました。お恥ずかしい。

国際宇宙ステーションでサンドイッチを落っことしたら5秒ルールは通用するか?

落っこちないでしょ、という突っ込みは置いといて。
れっきしとたNASAの研究、この釣りタイトルに惹かれて読んでしまいました。(via. spacedaily.com) こういうところがうまい。”Rapid Culture-Independent Microbial Analysis Aboard the International Space Station (ISS) Stage Two: Quantifying Three Microbial Biomarkers” というタイトルの論文でPubMedで見つかります。(”カルチャーインディペンデント”とはもしや、国際ルールが5秒ルールなのかそれとも3秒ルールなのかはこの際関係ないし、ということでしょうか)

内容は大変に実用的。有害な細菌類がISSの居住ユニット表面に付着してた場合、そこに食べ物が直に接すると危険です。そこで、ハンディタイプの検出器「LOCAD-PTS」を開発し、カートリッジを交換するだけで15分以内にの細菌性の有毒物質を検出できるようにしたというもの。従来の方法では、小さな寒天パッドを1~2秒、調べる対象に貼って採取し、その後5日間培養して細菌検査をしていたそうです。検出できる物質は

  • エンドトキシン(グラム陰性菌マーカー)
  • グルカン(キノコに含まれる多糖類)
  • リポテイコ酸(連鎖球菌やブドウ球菌など危険なグラム陽性菌のマーカー)

の3種類。聞いているだけでお腹をこわしそうです。

検出器LOCAD-PTSのハードウェア (C)NASA

宇宙飛行士はISSの居住モジュール内をちゃんとモップで拭き掃除しているそうですが、実験では清掃した後の表面から菌を採取しています。拭いた後にも菌が残っていたら危険ということですね。宇宙飛行士の方は、大変厳しい清掃手順を守って日々の清掃にあたっているのですが、残念ながら人のアクセスが多い場所では菌が多かったそう。アメリカモジュール内のワークアウト用バイクのハンドル(交代で皆さん使うわけですし)、ズヴェズダやトランクウィリティー(ノード3)モジュールのフットレストや引き出し、ゴミ箱、衛生ユニット、そしてきぼう(JEM)のエアロックハンドルなども(テストは2007~2009年に行われたのでJEMはまだ新しかったのですが)。グラム陽性菌検出の初テストは、JEMで行ったそうですよ。写真でみると、テストされたのはサニータ・ウィリアムズ宇宙飛行士ですね。

サニータ・ウィリアムズ宇宙飛行士による検出器テスト (C)NASA

開発者はチャールズリバー研究所のノーム・ウェインライト博士。低コスト、培養なしですぐに細菌のコンタミを検出できるのですから、ISSだけでなく地上の医療機関などで応用がきいて実用的ということです。今後は検出対象の拡大にも力を入れるとのこと。

しかし5秒ルールで食べ物は安全か? というテストはMythbustersでもやっていたし、BBCにも最近あったし、どうして向こうの人たちはあんなに5秒ルール検証に熱心なんでしょうか。